アフターピル通販では局留めを利用しよう

アフターピル通販では局留めを利用しよう

アフターピルは病院を受診して処方してもらうと、下記のようなことが起こりえます。

・予想していた以上の金額を請求された
・領収書や保険証の使用履歴から、家族にバレてしまった
・アフターピルを処方してもらうのに予想以上に待たされた

アフターピルを病院で処方してもらうには、医師の問診や診察を受けて処方箋を得る必要があります。場合によっては検査も行うため、予想していた以上に高い金額を請求されることがあるのです。

アフターピルを処方してもらう際、基本的に健康保険が適用されないので健康保険の記録には残らないことが多いのですが、検査内容によっては保険証の提示を要求されて、後日記録が自宅に送られてくることがあります。特に未成年の女性は被保険者になっていることが原因で、親に婦人科を受診したという記録を見られて問い詰められるかもしれません。

また、アフターピルを貰いに病院を受診すると、時間帯によっては大変混んでいて何時間も待たされることがあり得ます。

このようなデメリットを避けるには、通販サイトの利用がお勧めです。通販サイトでは病院のように何時間も同じ場所で待つ必要はなく、1つのアフターピルに対して高い金額を請求されることもありません。また、購入者のプライバシーに配慮しているため、必ず中身の見えない箱で送ってくれるのです。

しかしお仕事などで忙しい人は家を留守にする時間が長いため、タイミングがわるくて受け取れない場合も想定できます。そのような場合に備えて、都合の良い時に郵便局で受け取れるように、局留めを指定することをお勧めします。注文の際に受け取りに便利な郵便局を指定すると、その郵便局に到着するように手配してくれます。